FC2ブログ
人妻、熟女を中心にSM、レイプ、刺青。トリップさせて強制輪姦
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
NO14 「主婦の聖域」
2009-02-28 Sat 03:12
ひと昔の泥棒はまず台所を探すという鉄則があったそうです。
なぜなら、奥様のヘソクリが台所に隠してあるケースが多かったからだそうです。

その頃、台所は主婦の聖域でした。料理をつくるという名目で、旦那や子供が基本的に
深入りしないスペースでした。もしかしたら、そこに、オナニー用のバイブなどを隠していた
かもしれません。

しかし、近年、台所は主婦の聖域では無くなりました。

第一に住宅事情が挙げられます。キッチンとリビングを一体化したカウンターキッチンは、
料理をしながらリビングの子供やテレビを確認できることから、生活者に受け入れました。
また、カウンターキッチンは狭い住宅面積も有効活用できることから、急速に定着しました。

第二は男が厨房に入り始めました。最近はホームパーティに呼ばれると、旦那が
料理をしてくれるケースが多くなりました。確かにそこそこ旨いのです。

でも、どう思います?少なくとも客人を呼んだ時は男子は料理をすべきではないと私は
思います。客人が来たら、男はドンと構えて、ビールでも飲んで、世間話でもしながら、
客人をもてなすのが正しい姿だと思います。

男が料理をすると、待っている間、客人は間が持ちません。先方の奥様も何もせずに
客人と雑談する訳にいかないので立往生してしまいます。それに、そもそも、先方の
奥さんの立場は?「うちの料理は妻がつくるより、私の方が旨いですよ。」と主張して
いるようなものでしょう。

古い人間と言われてもいい。あえて言わせてもらおう。『男子、厨房に入らず。』
そして、『女子、厨房で秘め事をせよ!』

※もし、これを読んだ奥様がいたら、ご意見をお聞きしたところです。

★この度は「畜奴の家」様、「nona room」様とリンクをさせて頂きました。
 両サイト(ブログ)とも、エロスの世界観が私と近い思考をしていると思います。
 おかげさまでアクセスが飛躍的に伸びています。やっぱり嬉しいです。


蜘枕 NO14 「最後の食卓」

「あッ、山崎さん・・・もう・・・やめて・・・主人に顔向けできなくなる・・」
「大丈夫だよ、全然目立たないように彫ってやるから。」
「う・・・嘘・・・・この痛みは違うの・・・ああ・・・酷い・・・」

夫が長期出張になった日、以前に強姦され、脅迫されていた山崎が再び
やって来た。美雪は弄ばれるのを覚悟はしていた。

しかし、現実は予想より残酷であった。川口美雪は自宅の台所のテーブルで
縛られ、刺青を彫られ続けた。両手両足を縛られているので、美雪には何を彫られて
いるのか美雪にも分からない。

「お・・お願い・・・せめて・・・綺麗な絵柄にして・・・」
「おう・・・綺麗な牡丹を彫ってやるよ。」

言葉とは裏腹に美雪の白い肌にはドス黒いペニスが刻まれ続けている。

(美雪さんよ。これであんたは一生、旦那とはセックスできないぜ。
 でも安心しなよ。これから何十人ものド変態をあてがってやるぜ。)


スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 未分類 | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO13 「白人差別」
2009-02-26 Thu 13:20
黒人差別という言葉がありますが、私は逆の視点で論じたいと思います。
「黒人の方が身分が上」という前提で論ずる「逆黒人差別⇒白人差別」です。

黒人て正直、怖いですよね。体デカイし、セックス強そうだし、ペニスもデカイ。
でも、だからこそ、エロス的には黒人は価値は高いのです。

奴隷時代、白人は自分の妻が使用人の黒人に寝取られるのではないかと、
内心では心配で、鞭を所有し黒人を威圧した・・・と聞いたことがありますが、
事実だと思います。白人のフニャチンが黒人様に勝てる訳がない。

ちなみに、オバマ大統領は「黒人初のアメリカ大統領」と騒がれていますが、
私にとってオバマ氏はどう見ても「黒人に値」しないのです。

そもそも、フルネームが「バラック・フセイン・オバマ・ジュニア 」ですよ。
フセインですよ、フセイン。最初聞いたときはアラブ人がブッシュへの復讐で
アメリカ大統領になったのかと思いましたよ。

しかも、オバマ氏はヤサ男。私の妄想する黒人はボブ・サップのような
屈強の肉体を有していなければいけないのです。少なくとも、海外ドラマ「24」
で黒人大統領を演じていたデニス・ヘイスバートくらいの肉体が必要です。

「オバマ大統領は黒人ではなくハーフだ。黒人大統領と言うことは差別だ。」
などと主張するエセ平等主義者もいますが、私にとって、そもそもオバマ君は
「黒人に値しない」のです。

※万が一、「オバマ」「黒人差別」などの検索ワードで来てしまった人は、
 ここから先は見ないで下さい。若しくは下部「コメント」での罵詈雑言を
 お待ちしてます。m(-_-)m


★また、今回、土蔵さんのブログ「奴隷婦人」とリンクさせて頂きました。
 おかげさまで、急激にアクセスが増えて恐縮です。土蔵さんのサイトとは
 比べてクオリティが低いですが、よかったら、おつきあい下さい。


蜘枕 NO13 『シスターの主張』

013.jpg

シスターマドンナはこのスラム街に3ヶ月前に慰問に来て、
黒人グループに輪姦された。その後、シスターは開放されたにも
関わらず、毎週スラムに通い続けている。
その度に怪しい注射を討たれ、輪姦タイムとなる。

「シスター。こんなことしてお前達の神はお赦しになるのか。 」
「ああ・・神はすべてをお赦しになります。あなた方も更正して
 いただきたいの・・・だから・・・まずは親睦を深めることが
 大切だと思います。」


シスターはボブの亀頭をチュパチュパとしゃぶった。
ニグロのペニス匂いを嗅ぎながら、シスターマドンナは再びトリップした。

「あッ、主よ、またいらっしゃったのね・・・私もいきそうですッ。
 ズボズボと天国にいきそうですッ。」

「また、トリップしやがったな。しかし、白人てのは本当に馬鹿だな。
 だいたい、教祖が白人なのが当たり前だと思ってやがる。」


シスターマドンナは「ウォッ、ウォッ。」と叫びながら、腰を激しく上下に動かした。


別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO12 「浣腸プレイ」
2009-02-20 Fri 17:23
マニアと標榜する以上、浣腸プレイはおさえておきたいアイテムです。
でも、私は経験したことが無いんですよ。

だって、そもそも、浣腸プレイにおいてパートナー(女性)の同意を得られた
試しがない。ある程度のマゾでも相手に排便を見られるのはかなり抵抗
があるようです。

昔、ダマシで、営みの最中に女性にイチジク浣腸を注入したことがあります。
しかし、そのパートナーは絶叫し、トイレに駆け込み、トイレに鍵をかけられました。
その後トイレから出てきて、烈火のごとく怒られました。m(>o<)m

私の浣腸への憧れは「結城彩雨」先生につきます。結城先生の執拗 なまでの
浣腸責めは他を席巻しています。

結城先生の私の特に好きな小説パターンは、ヒロインが最初は浣腸が嫌いで
仕方なかったが、後半には浣腸中毒になってしまい、自ら浣腸を懇願し、 浣腸
だけで絶頂してしまう体に調教されてしまうケースです。

浣腸好きのパートナーと付き合えるサディストが居たのならば、
まさに「盲亀浮木(もうきふもく)」の事象なのではないでしょうか。

※ 「盲亀浮木(もうきふもく)」
  めったにないことのたとえ。百年に一度だけ水面に上がる盲目の亀が、
  漂っている浮木のたった一つの穴に入ろうとするが、容易に入ることが
  できないという寓話による。(意味深な寓話ですよね)

蜘枕 NO12 『浣腸でいく女』
012 のコピー

大柳と卯月桂子の関係はもう3年も続く。

3年前、大柳が大金を払い、1回だけという約束で 浣腸プレイを申し出たのだ。
もちろん大柳はたっぷり覚○剤を 溶かし込んだ浣腸液で桂子を浣腸中毒に
仕込んだ。

「あ・・・大柳さん・・・桂子・・・たまらない・・・」
「奥さん、そんなに浣腸が好きだったのか。」
「あっ・・・だって、浣腸って・・殿方に射精されているみたいなんですもの・・・」
「桂子はどんな注入方法が好きなんだ。」
「あ・・・射精するみたいに・・・ピュッ、ピュッって入れて欲しいの・・・」
「それだけか?」
「・・・それから・・・時々・・・ドクン、ドクンと乱暴に注ぎこんで頂くのも好き・・・」
「じゃあ、思い切り注入するからイクんだぞ。桂子。」
「あ・・大柳様・・・愛して・・・桂子のお尻を愛して。」
大柳は力一杯、浣腸器のシリンダーを押し込んだ。
「あッ、桂子ッ、いくッ・・・大柳さんの浣腸でいくッ。」
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO11 「ボスキャラ」
2009-02-19 Thu 02:26
男にとって最も手強い女性(キャラ)は誰でしょう。
現代社会において、私は「女医」がボスキャラだと思います。

セレブも女教師を手強いイメージがありますが、彼女達は
世間知らずで人間として弱いイメージもあるため、
陥落させるのに、女医よりは容易な気がします。

しかし女医は違います。収入・地位が高く、知識もハイレベル。
さらに、薬物などの知識もあり、せっかく薬物を投与しても
彼女自身で 解毒してしまう・・・そんな気がしてしまうのです。

きっと、私のような男の妄想など一網打尽でしょう。(゜□゜;)

ところで、先日、ネットサーフィンしていたら
「変態露出マゾ 京香の部屋」というサイトに出会いました。
それは調教公開のサイトで自分の妻ばかりでなく、愛人の調教も
紹介している強者(つわもの)のサイトです。

http://www.apparenet.ne.jp/~kyouka/framepage.htm

その愛人の職業が女医でスタイルも抜群。 エロパワーが爆裂しています。

おそらく、奥さんも愛人(女医)も、サイト公開の事実を知って
いるでしょう。つまり、彼は堂々と浮気を公認させているのです。

うらやましい。・・・というよりも尊敬してしまいます。

まさに、現世の「ヘラクレス」と言っても過言ではありません。

蜘枕 NO11『女医陥落』
011

ビデオレンタルのアダルトコーナーに男女2人が入ってきた。
女性は妙に着慣れた白衣をまとい小刻みに震えていた。
男性達は白衣のナイスバディを舐めるように見つめた。

「藍。じゃあ始めるぞ。」
「そ・・・そんな・・・剛さん・・・気がおかしいと思われる・・・。」
「いいじゃねえか、気違いと思われた方が気が楽だぜ。
 早くしないと、また浮浪者に輪姦させるぞ。」


「そ・・それだけは・・・ああ・・・藍・・・逃げられないのね。」

観念した藍は白衣のボタンをはずし、中身をあらわにした。藍の胸は
壊死するほどきつく縛られ、真っ赤にパンパンに変色している。

「こ・・こんにちは・・・女医の藍です・・・私・・・エロ医者なの・・・
 だから・・・ビデオよりも藍をレンタルして頂きたいの・・・
 私は・・・医者ですから・・多少、無茶して頂いて結構です・・・」


「レンタル料は京香さんより安いんだ。」

「き・・京香さんには負けたくないの・・・だから値下げ したの・・・
 今は特別サービス期間中なの・・・だから・・・藍をレンタルして。」


「ところで、あの浣腸器は何が入ってるんだい?」

「あ・・・藍の専用浣腸器は3ℓの特注浣腸です・・・ 中身は・・・
 クエン酸と・・・薬事法で違法の薬物が調合されて います・・・
 こ・・・これで藍に地獄の苦しみと天国が同時に堪能 させて。」


いつのまにか、藍は自ら腰をくねらせながら喋っていた。
別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO10 「ヤクザはヒーロー」
2009-02-15 Sun 15:16
ヒーローといったら誰を思い浮かべますか。
スーパーマン?ウルトラマン?桃太郎侍?

私の妄想のヒーローの定義は「一般人を超越した力」を持っている人です。
そこには正義なんて糞くらえです。

そして、私の妄想のなかではヤクザがヒーローなのです。

女性を無残にまでに陵辱する男性の職業として、会社員や自営業者では
脆弱と感じる時が多いのです。

まず、サラリーマンがそこまで非道になれるとは思えない。苛められて
いる女性に同情しちゃいそうじゃないですか。興ざめです。

じゃあ金持ち?ホリエモンのようなIT長者が登場してもいいけれど、
そもそも、IT企業の社長ってセックス下手そうじゃないですか。
そして、勝手に自分がイッちゃいそうですよね。

残虐非道でセックスが強そうで、薬なんかも持っていそうで、理不尽を
通してしまう・・・そんなヒーローに私は焦がれてしまうのです。

そんな条件が揃った職業ってヤクザ様しかいないじゃないですか。

蜘枕 NO.10 『ヤクザの立食パーティ』
10
「あッ・・・すごいッ・・・由美、またイッちゃうッ。」

由美の腰がガクンガクンと痙攣した。これで10回目の絶頂だ。
由美の夫のIT企業が倒産して3ヶ月が経つ。借金のカタに由美は
ヤクザに調教された。3ヶ月前までセレブだった女とは思えない。

「あと15人も待ってるんだぜ。早くしろよ由美。」
「あ・・ごめんなさい・・・でも・・・もうへとへとなの・・」
「とにかく、勝次兄貴が待ちくたびれてるから、立ちマ○コでお詫びしておけ・・」

巨大バイブを持っている男は勝次だ。勝次は蛇塚組のなかでも最も
サディストで、由美にペニスの刺青を彫ったのも勝次の趣味である。

「ああ・・勝次様・・・ごめんなさい・・・もう少しお待ちになって・・・
 後でしっかり奉仕しますので・・・・あッ、またッ・・・由美・・・いッちゃう。
 勝次様にスケベな刺青彫られた由美が、立ちマ○コで、またいッちゃうッ。」
別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
NO9「水商売の女」
2009-02-14 Sat 19:02
「やらずのぼったくり」という言葉は夜の世界の基本姿勢でした。

クラブなど水商売の女性達は色気を振る舞いながらも、客とは絶対に寝ない。
やらせてあげそうで、ギリギリのところで逃げられてしまう。
お客達は「今度こそは!」と思って、その店に通い続け、ボラれ続ける。

男にとって非道いルールかもしれませんが、これが水商売を長続きさせる
秘訣で、平等なのです。「どのお客さんにも平等にやらせない」のです。

しかし、近頃は状況が変わっているようです。この不況のなかで、
数少ない得意客をつなぎとめるのにホステス達は必死で、
簡単にベットインさせる・・という噂です。

タクシーの運転手に聞いたのですが、近頃は中洲周辺では夜中の2時頃
になると、明らかに水商売の女性と、どこかの社長らしき人がホテルに
しけこんでいる場面を目撃すると言っていました。

男達には吉報かもしれませんが、「やらずのぼったくり」の
夜の街の文化と水商売の女性のプライドが薄れてきているのは
少し寂しい気がします。

蜘枕 NO.9 『狐と狸』
09
「ああ・・社長さん。すてき。香織、本当は前から社長さんが好きだったの。」 
「そうか、そうか、ワシもなんとなく気づいていたよ。」
「ところで社長さん。例の保証人の話、お願いね。」
「わかっとる。わかっとる。なんぼでは判ついたるわ」

「うれしい。ああ・・・もっと突いて。」
(土建屋のくせして、バカじゃない。この狸オヤジ。あんたなんか好きな女
 いるわけないじゃない。とにかく、今、店を手放す訳にいかない。保証人
 にさせれば、あんたなんかと二度と寝るわけないじゃない。)


「おお、いいぞ。香織。なんでもしてやるぞ。」
(お前の魂胆はわかってんだよ、この女狐が。俺の会社とっくに倒産してんだよ。
 これからはアダルトビジネスを手掛けるんだよ。手始めとして今、盗撮してんだよ。
 気付かねえだろ。これをネタに脅迫して、AV女優としてしっかり教育してやるからな。)

どうやら、狸の方が一枚上手のようである。 
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO8「旦那の居る風景」
2009-02-12 Thu 02:12
私の妄想において、女性の旦那や彼氏という存在は重要なアイテムです。
もちろん、奥様や彼女が変貌している姿を見せ付けるためです。

そこで、女性が旦那を愛しているというシチュエーションが好きです。

女性は旦那を愛しているが、セックスの虜になってしまい、
陵辱現場に旦那が居るにも係わらず、旦那が床下手なことを
皆の前で告白する・・といったケースが最もベターです。

ところが一般的な浮気をしている現場では難しいようです。

私の知り合いが人妻と浮気をしいて、
「オラオラ、旦那とどっちがいいんだァ。」
と聞いたところ、彼女は急に冷めて、
「旦那が嫌いだから、アンタと浮気してるんじゃない。」

と一蹴されたそうです。・・・風情が無いですよね(--,)


蜘枕NO8 『再開』
08
「ああッ・・・小百合・・・またいっちゃうッ。」 
「奥さん、今日は一段とエロイねぇ。2本目の注射は最高か?」
「あッ・・・すごいッ・・・最高よ。・・・幻覚が見えるの。」
そこに、小百合の夫の和彦が引きずり込まれてきた。小百合はトリップしていて気づかない。

「小百合、大丈夫か!チクショウ、放せ!」
「奥さん。何か幻聴も聞こえないか?」
「あ・・・和彦さん・・・和彦さんの声が聞こえるの・・・」
「へー。そりゃあいい。じゃあ、旦那にお前の淫乱ぶりを聞かせてやれよ。」

「ああ・・か・・和彦さん・・・小百合は・・・本当はド淫乱なの・・・あ・・・あなたの
 セックスじゃ・・・満足できないの・・・だって・・あなた下手糞なんですもの・・
 小百合は・・本当は縛られたり、道具で責められるのが好き・・・それから・・
 同時に・・・・たくさんの男の人達とセックスするのが好き・・・」


和彦は、ガックリとうなだれ嗚咽した。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO7「商店主と奥様の微妙な関係」
2009-02-10 Tue 12:44
ひと昔前の日本の情景のひとつに商店街の人情があると思います。奥様は夕暮れに
なると夕飯の支度のために近所の商店街に繰り出します。
各家庭の奥様は魚は魚屋で、野菜は八百屋に行って食材を購入していました。

商店街の各店主はその奥様方をどのような目で見ていたのでしょうね。

夕暮れ時の奥様は、なんとなく艶っぽい雰囲気があります。
購入する食材によって、ライフスタイルも推測できます。

すき焼きの食材を購入しているような奥様は今日はきっと記念日で、
「おっ!奥さん。今日は景気がいいね。なんかいいことあったね。まけとくよ。」
なんて会話があって、その後、買い物カゴをぶらさげた奥様の後姿を見ながら
「食事のあと、旦那とお楽しみなんだろうな・・・それに比べてうちのカカアは・・・」
「ちょっと、アンタ!何ヘンなこと考えてんのよ!」(カカア)

なんて光景が目に浮かびます。

このように、商店街の店主と奥様は顔見知りで、ある程度の情報を共有
している「微妙な関係」だったのでしょう。友人ではないが他人ではない。
きっと店主は綺麗な奥様によからぬ妄想をしていたのではないでしょうか。

このような欲望を見事に描いた小説作品として、結城彩雨先生の「肛悦に身を灼く女」
と「人妻乱心調書」を思い浮かべます。

ストーリーは概ね、人妻がヤクザに陵辱され、ストリップショーなどをやらされる
羽目になる。その会場に行ってみたら、なんと、客が全員、彼女が利用している
商店街の店主達であった。それはヤクザが仕込んだ陰湿な演出であった・・・

・・・みたいな内容です。そして、その店主達がスゴいんです。みなさん専門職なので
その技を活かすんです。例えば肉屋はソーセージを持ってきて拷問したり、薬屋は
浣腸液を使用するなど、さすがです。

なにより、店主達は自分のブスな奥さんに辟易していて、ストレスが溜まっている・・
という設定なので責めがスゴイ。最初は遠慮がちに責めるが、千載一遇の
チャンスと思い、群がるように奥様をいたぶりつくすのです。ついにはヤクザが
心配してしまう・・・といったシーンもあるほどです。

今は商業施設の大型化にともない、町の商店街は縮小の一途をたどっています。
ともない「奥様と商店主の微妙な関係」も消えつつあります。

頑張れ商店街!頑張れ中小企業!頑張れ働くオヤジ達!

蜘枕 NO7 『谷山商店街の慰安会』

007


「ああ、その変わり、商店街の皆様にたっぷりサービスするんだぞ。」

「あ・・・分かりました・・・み・・・皆様・・・日頃は節子にいろいろサービスして下さって、ありがとうございます・・・今日は・・・節子が皆様のお相手をします。お・・・お願い・・節子を舐めて。」

商店街の店主達は一気に節子に群がった。

「どこを舐めればいいだ。奥さん。」

「ああ、薬屋さん・・・節子は耳が感じるの・・・耳を舐めてください。」
「おいらは、どこかな。」
「お・・お肉屋さんは節子の腋をお願い。ごめんない。処理してないの・・」
「俺は乳首をいかせてもらうよ。節子さん。」
「あッ・・激しいのね、魚屋さんッ・・・すごいわ。」
「今年の歳末セールの記念品は伊藤節子のやりまくり券てのはどうだ。」
「そんな・・おっしゃらないで・・・節子・・・感じちゃう・・・」

「頑張れよ節子婦人。3分経過したぞ。もうすぐ開放だぞ。」
金子はそう言いながら、注射器を取り出した。これを女淫に注入して1分ともった
女はいない。節子は両手を縛られ、店主達に愛撫されているため、
注射器には全く気づかなかった。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO6「拷問される資格」
2009-02-08 Sun 22:34
私の妄想や作画はかなり過激な内容となっていますが、
「拷問」ではないと思っているのです。

例えば、縛りなどは痛みを伴いますが、それをされる女性本人が
最終的には痛みが快楽に変わるというアウフヘーベン(昇華)が
蜘枕的エロスなのです。

それが女性の首を絞めていたとしても妄想のなかでは
「痛み<快感」であるのが前提なのです。

そもそも、私は罪も無い人妻が主役のケースが多いので、そんな彼女が
陵辱されたうえに苦痛の方が大きかったら可哀想だなぁ。と思ってしまうのです。
だから、私の作画の女性は滅茶苦茶なことをされながらも、
口元が快感で笑っている女性が多いのです。

ただし例外もあります。私は先程、「罪の無い女性」と画きましたが、
「罪のある女性」は別です。拷問と対象となります。

それは一体どういう女性か?それは「高慢チキで地位の高い女性です。」
具体的には「女性社長」「女将」「社長夫人」「女医」「女教師」「女スパイ」が
あてはまります。特に「社長婦人」は実力も無いのに偉そうなイメージがあり拷問の対象です。

世の中の社長婦人が聞くとお怒りになるでしょうが、妄想ですから許して下さい。

蜘枕 NO6 「社長婦人とリストラ社員」
6


電気責めが始まって1週間が経つ。今日の慶子夫人の筋肉は弛緩しきっており、
肛門もパックリ開いた状態になっている。手を休めて、山川がゆっくり聞いた。

「奥さん。そろそろ俺のセックス豚奴隷になる気になりますか?」

意識朦朧のなか、慶子夫人は最後の力を振り絞って叫んだ。
「い・・・いい加減になさい。だからあなたはリストラされるのよ。このクズ!」
それを聞いた山川は形相が変わり、スタンガンを最強にし、慶子夫人に突き立てた。

ガガガガガ・・・

「しッ!死ぬうゥ、本当に死んじゃう!、ヤ、ヤメナサイ、ガッ、ヤメデェ!」

慶子夫人は海老反りになり、足先まで痙攣が始まった。

「貴様ァ、豚のくせに!偉そうに俺に説教するかァ?廃人にしてやろうかぁ!」

ガガガガガ・・・・

スタンガンは終わらない。慶子夫人が白目を剥いて失神してもスタンガンは続いた。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO5「失われた3年」
2009-02-05 Thu 19:17
バブルが弾けて、日本は2000年前半までの期間を「失われた10年」とよく言われます。
私は「失われた」という言葉には、発展性・進歩が無いという意味が含まれていると感じます。

私は似たような感覚で、多くの女性にも「女として失われた3年」があるように感じます。

それは、「妊娠してからの3年間」です。

もちろん、妊娠してからの3年は「女性・母」としては最も重要な3年だと思います。
私が言いたいのは「女・雌」として失われる3年と言いたいのです。

一般的に女性は妊娠して「セックスレス」になるケースが多いようです。

医学上、妊娠してもセックス行為はしていいのですが、今の少子化の時代、
セックスで流産でもしてしまったら恐ろしい・・・という感覚でセックスを避ける傾向があるようです。

それから出産ですが、出産により女性器は著しく損傷されるケースが多く、
やはりセックスから遠ざかってしまいます。

それからようやくセックスができると思ったら、今度は子育てが待っています。
子供が物心ついていない間に自宅でセックスをすれば良いのですが、
最初の半年は子供の夜泣きで、落ち着く暇がありません。

その後、女性は24時間体制の子育期に突入します。
子供を親に預けて、自分達がたまには楽しむといすスタンスの夫婦ならば良いのですが、
それができないのならば、女性は子育てに追われます。

そしてようやく、女性が自分の時間の余裕ができるのは子供が3~4才に保育園に行く時です。
その間に自宅の様子は子供のためのオモチャやぬいぐるみが散乱しており、
すっかり「お子様チック」な部屋になってしまい、セックスをするムードでは無くなってしまいます。

そして、女性は「女」から「母」になるのです。今さら、夫に激しいセックスを求めるのも
気恥ずかしいので、そのままセックスレスが続くケースも多いようです。

なんか、勿体ない気がします。私は、幼稚園の子供を連れている綺麗な母親を見ると、
「奥さん。欲求不満たまってんじゃないの~。相手してやろうか~」と言いたくなってしまします。
一発で逮捕されるでしょうね。(´Д`) やっぱり妄想だけにしておきましょう。


蜘枕 NO5 『幼稚園でのご乱心』
7

「こ・・・ここは・・・和也の幼稚園・・・どうして・・・」
「奥さん。今日は息子の授業参観だそうじゃないか。いけねけなぁ。そんなの隠しちゃ。」
「だって・・何回もお断りしたのに、あなたが無理やり・・・」
「ヘヘヘ。俺も、鬼じゃねぇよ。さあ。授業参観に行こうじゃねぇか。」
「そ・・・そんな。こんな格好で・・・周りには、奥様方もいらっしゃるのよ。」
「周りのババアどもにお前の色気を見せつけてやればいいよ。」
「そ・・・そんな。お許しになって。そんな恥をかかせないで。」
「アソコの方はどうなんだぁ?授業参観の後、たっぷり可愛がってやるぞ。」

達治は登美子のスカートをめくった。登美子の股間には卑猥な貞操帯が食い込んでいる。
貞操帯の奥には薬を塗りこめられたバイブが仕込まれている。その薬がじわじわと染みこんでゆき、
登美子の正気を失わせる。

「ああ・・・登美子・・・達治さんに・・・抱いていただきたい。・・・お願い・・・・」
「じぁあ、ガキの授業参観に出席するか?」
登美子は戸惑いながら、小さく頷いた。





別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO4「タスキ・プラカード」
2009-02-04 Wed 14:01
私だけの性癖かもしれませんが、私は女性にタスキやプラカードを付けさせ、そのタスキやプラカードに卑猥な言葉を書いて陵辱するシーンに興奮を感じます。

その言葉は徹底的に女性がいやがる内容が良いでしょう。一番手っ取り早いのは、
その女性の本名、あるいは携帯番号など良いでしょう。

また、「淫乱女参上」「輪姦大好き」「チ○ポ命」など、「その女性が言うはずが無い」言葉を掲げるのも
よろしいのではないでしょうか?

しかし、残念ながらそのようなアダルトビデオは殆ど存在していないんじゃないでしょうか?
女性に「淫語」言わせるフェチなアダルトジャンルは確立しているのに、「淫語貼付け」はもっと
簡単な手間なのにあまり取り上げられていないのは残念です。(´ρ`)

もし私がアダルトビデオの監督をさせて頂けるならば、「淫語貼付けプレイ」真っ先に取り上げたいアイテムです。色々な淫語タスキを用意して、どんどん取り替えていく。女優もいつのまにか、気づかずに卑猥なプラカードを付けたまま性行為を続けている・・・なんて作品はいかがでしょうか?

例えば、ビデオの撮影中に、女優の体に、いつのまにか電話番号らしきナンバーが掲げられています。女優は「それだけはヤメテェ」などと叫ぶ。アダルトビデオを見た人はもしかて・・・と思って、
そのナンバーに電話してみる。

すると、ダイヤルQ2につながり、メッセージがその女優の声で、「その続きを聞きたいのなら
○○に手続きしてね。」みたいに、二重のビジネスになっている。なんてオチはいかがでしょうか。(‐^▽^‐)



今回の蜘枕(妄想)。
5

「ほら、ほら、美鈴ちゃん。何が3周年なんだぁ?」
「あッ・・・み・・・皆様に可愛がられるようになって・・・三年目です。」
「そういえば、昔、俺たちが女子大の帰り道に強姦したんだよな。」
「感謝してるのかよ。美鈴。」
「は・・・はい。」
「じゃあ、いつものように感謝の言葉を言いながらいけよな」
「み・・・美鈴の皆様に輪姦されて・・・女になりました。初めての行為が・・・
 輪姦なんて・・・なんて幸せの女でしょう。そ・・・それ以来・・・感謝を込めて
 ・・・美鈴は・・・皆様の公衆便所になると誓いました・・・。」




これは、先週画いた、鉛筆画に、今日購入したペンタブレットで着色したものです。
私は、よくあるピカピカのアニメCGとは違う、水彩画的な着色を目指そうと思っています。

人妻を画こうと思ったのですが、ちょっと若そうに見えるので、急遽、女子大生に設定を
変えました。また、女性の上向きの顔を画くのに苦労しました。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO3「霊感サギ」
2009-02-03 Tue 10:30
この前、テレビを見ていたら、オヤジが若い女性に近寄ってきて

「霊がついている。」「俺には霊感があるから除霊してやる。」

などと言って、彼女の家まで行って除霊するふりして、セックスまでしてしまうという、うらやましい(×)・・・いや、不埒な輩が居るということを聞きました。

そういえば、私のよく行く居酒屋で、タヌキみたいな風貌のオッサンなのに、いつも綺麗な女性を
連れている奴がいるが、奴も「霊感がある。」と言っていたなぁ。

さらに奴は「気孔」みたいな技があって、マッサージが得意と言っていた。そう言うと周りの女性が
「揉んで、揉んで。」と言って、言い寄ってきてた。これって霊感サギの一種なのかしらん?

ともかく、除霊やカルト宗教ってエロイ響きがします。信者にさせてしまえば、ヤリ放題でしょ?
ちょっと薬物なんか使ってしまえば、それこそ操り人形なのではないでしょうか?

そこで、今回の蜘枕(妄想)です。
2.jpg

「さあ、芳子。お前の汚れた淫穴を、御神木様で除霊するんだ。」
「だっ・・・だめです。・・・芳子・・・こわれちゃう。」
「この聖水をお前の淫穴に塗りこめば導いて下さる。」
「あッ、なにこれ・・・あ・・・芳子の淫穴が熱くなるッ。」
「こ・・腰が動くの・・・勝手に芳子の腰が動いちゃうの。」
「ほら、芳子、御神木様と一体となれ。」
「ああ・・芳子・・・御神木様と一緒になる・・・冥界へ行くのォォ。」




これは最近画いた鉛筆画にフォトショップで着色しました。男性を4人も画いたので疲れました。個人的には左下の目玉飛び出しオヤジが気に入ってます。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO2「ペンネーム」
2009-02-01 Sun 17:14
今回は「蜘枕 真」のペンネームの由来について書こうと思います。

「蜘(クモ)」はあの8本足の虫のクモのことです。それは団鬼六先生の「花と蛇」が源泉です。多くの読者もそうだと思いますが、私も団鬼六先生の「花と蛇」に大きな影響を受けています。

私の日活ロマンポルノとの出会いは高校生の時で、親がVHSのビデオデッキを購入した時、早速ビデオレンタル店で「花と蛇」を借りました。その頃は日活コーナーを設置しているビデオレンタル屋も多く、容易にレンタルすることができました。

「花と蛇」の陵辱シーンは衝撃的で忘れられません。「花と蛇」シリーズで私が最も気に入った作品が小川美那子さん主演の「花と蛇 飼育編」で、良家の姉妹をショータイムに出演させるための調教シーンがとても官能的で今でも克明に憶えています。

その後、団先生の存在を知り、「花と蛇」というテーマに魅かれました。「花」という美しい存在に「蛇」という「残忍」な象徴が絡むことにより、エロスが昇華するというメタファーと言えるでしょう。

似たような存在を連想したところ、私は「蜘蛛」という存在を想起しました。蜘蛛の巣に捕らえられている美しい蝶。悪の象徴として私は「蜘」という言葉をペンネームの一部としました。

続いて「枕」ですが、これは夢枕獏先生から拝借しました。前述したのように、ブログを始めるきっかけとのなったのが、夢枕先生の「10年続けたら一人前になる。」と言った趣旨の言葉に喚起されたことに起因します。

また、「枕(マクラ)」は「妄想」「想像」を類推できる言葉で「妄想」をテーマにしたこのブログには相応しいと思ったからです。

最後の「真(シン)」ですが、これは江戸川乱歩先生がファンにサインを求められると色紙に
「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと(真)」と書いていたとを知って、意味深な言葉だなぁ・・・
と思ったのきっかけです。そして、「真」の字を頂いて、語呂がいいので「シン」と読ませました。

つまり、「蜘」のように邪悪な存在を、「枕」のように妄想し、それを「真」のように嘘ぶいていたい。
といった志しで創作を続けようという姿勢をペンネームにしました。

故に、妄想のことを今回から「蜘枕」という造語を使いたいと思います。

今回の「蜘枕」です。
s7.jpg


『ほら、皆さんに自己紹介しなくちゃ。』
『こ・・・こんにちは・・・工藤美智子です。28歳、未亡人です・・・・夫を裏切る淫乱人妻奴隷です。』
『・・・今日は夫の遺言で・・香典返しを・・美智子の体でさせて頂く所存です・・・』
『け・・・決して・・・薬とかで脅迫されてなんかいません・・・自らお願いしたのです。』



「花と蛇」のような脅迫ショータイムの過激バージョンです。陳腐なコスチュームを着せられ、夫の遺影
をぶら下げています。夫は何で死んだんでしょうね。台詞も誰かに強制的に言わされているのでしょう。

この作品は3年ほど前にフォトショップで画いた作品です。コスチュームがなぜか牛柄なので、
なんか丑年の今年っぽいなぁ。と思って掲載してみました。



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO1「きっかけ」
2009-02-01 Sun 12:50
はじめまして。蜘枕真(クモマクラシン)です。本日、初めてブログを書きます。

私のブログは

「エロ独白&エロ挿絵」

のブログとして定義づけたいと思います。
具体的には毎回、エロスのテーマを決めて、私なりのエロスの世界観と自作のエロ挿絵を
挿入していこうというブログ(エログ?)です。

せっかくなので、始める「いきさつ」を書きます。

プロフィールで書いているように私は「アラフォー」のしがない会社員です。
仕事が多忙な年齢を過ぎ、ふと自分を見直すと、
このまま現世で脚光も浴びず、金持ちにもならず、朽ち果てていくんだなぁ・・・
と思っていました。そんな折、たまたまテレビで小説家の夢枕獏さんのドキュメント番組を見ていたら、
夢枕さんが東海大学の臨時講師をしていて、その中で

「小説家なんて、誰でもなれるんですよ。要はテクニックと知識です。仮に10年間小説を
書いてごらん。少なくともそれで食えるようにはなるよ。ただ、10年間続けることは至難です。」

といった趣旨のことをおっしゃっていました。何気なくテレビを見ていた私は何気なく自問自答
しました。

「俺にとって、今から10年間続けられることって何だろう?」

思い起こせば、いい加減の生活を続けてきました。結婚も先送りにし、大学は出ましたが
勉強もそこそこに、途中で資格取得も考えましたが1年と続きませんでした。スポーツもダメ。
文学もダメ。私は今まで続いた唯一のことは?   

あっ、あった!

スケベな妄想です。

恥ずかしながら、私が10年以上続いたものはエロに対する妄想だったのです。
私は改めて自分のエロスを主張するブログの立ち上げを考えました。
でも、エロに対する主張だけでは人はブログを閲覧してくれないでしょう。そこで、

自分の画いたエロ挿絵を紹介していこう。

と考えました。子供の頃、自慰ネタのため、親に隠れて書いたエロイラストを書いたように、
エロ挿絵を画いてみよう・・・

また、若い頃、私は「SMファン」「SM秘小説」の読者でそこで挿絵を提供している
楡畑雄二さんや桐丘裕詩さんの挿絵の大ファンでした。彼らの挿絵は妖艶で構図が巧みで、
見ている人の想像力(妄想力)を掻き立てます。今の流行のエロマンガと違い怨念といった
凄みを感じました。

彼らのような「凄みのあるエロ挿絵」を描きたい!と漠然と思いました。


私は絵はド素人でド下手です。でもそれで構わない。10年後にうまくなればいい。
といった姿勢で取り組もうと考えました。
もしかしたら、それがサイドビジネスになったりして・・・
なんて、やっていないうちに皮算用したりして馬鹿ですよね。

思い立って画材屋へ。そして、記念すべき一枚目を書いてみました。

001.jpg

「あ・・・私・・・これが好きなの」
「奥さん。いいのか。旦那は仕事してるんだぞ。」
「い・・いいの・・あの人は下手くそで、小さいし・・それに比べて・・・あなた様は・・」
「じゃあ、今日も種つけするか?たっぷり中出ししてやるぞ。」
「あ・・・うれしい・・・たっぷり突いて下さいませ・・・」



久しぶりに画いた鉛筆画です。妄想は、

「普通の人妻が夫の留守中に強姦されてしまったが、性欲に目覚めてしまい、その男の制奴隷に
なってしまった。毎日、夫が会社に出社するとその男が現れ、熟れた肉体を思う存分味わう。」


「夫の留守中」という響きはなんとも背徳的な響きがあり、オッサン的にはたまらない設定です。


別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 春画と官能小説 『艶女責図とモノローグ』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。