FC2ブログ
人妻、熟女を中心にSM、レイプ、刺青。トリップさせて強制輪姦
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
NO26 夏の終わり
2009-09-27 Sun 21:49
すっかり秋めいてきましたね。

私は暑がりなので夏は嫌いな方なのですが、
秋めいてくるとやっぱりもの悲しい気持ちになってしまいます。

今回発表する3回シリーズは夏に制作したものなのですが、
アップするのが遅れ、秋になってしまいました。

ちょっと季節はずれですが、夏を惜しんでお付き合い下さい。

蜘枕NO26 『クラリス優美の不良更正プログラム①』
クラリス優美はバイリンガルでアメリカの大学院で教育論を研究している。
論文のテーマは不良改正プログラムで、彼女は強制共同生活が不良更正に最適で
あるという持論を推進し、その立証のため、日本の不良を集め、無人島で更正させる
こととなった。

(ふふふ。ちょろいもんよね。日本の不良なんか。みんな可愛いもんじゃない。
 でも、要注意人物は、中心的存在の亀山よね。あいつの親はヤクザの親分で
 ワルのエリート教育を受けているからね。徹底的に叩いてやるわ。)

彼女の顔は自信に満ち溢れていた。

実験から3日目の夜、彼女も流石に疲れきって熟睡していた。その時、
「くッ・・・苦しい・・・首がッ」
クラリス優美は亀山に首を絞められていた。

「なッ、何をするの亀山ッ、また少年院に戻りたいのッ」
すると、両手も何者かに引っ張られた。
「今ならまだ許してあげるわ、話なさいッ」
気丈に優美は言った。
「甘いなあ。優美ちゃん。お前らやれ。」
亀山の指示で連続注射が始まった。

2本目の注射が始まった時には優美はヨダレを垂れ流していた。
「な・・・何これ・・・頭が・・・飛ぶ・・・」
「淫乱剤だよクラリスちゃん。飛んじゃいな。」
ヨダレだけではない。乳首からもミルクらしき白い液がピュッピュッと吹き出し始めた。

4本目の注射が注入された時、クラリスの体は弛緩しきっていた。
「あ・・はハート3・・・なんか・・・すごい・・・」
クラリスは小便を垂れ流しながら記憶を失った。

(続)

※この小説は全てノンフィクションです。また、ここでいう淫乱剤は
 一般の薬局や病院で入手できる合法的な薬品を想定しています。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO25 薬
2009-09-13 Sun 01:12
今回のテーマは薬です。

これに触れるべきかかなり迷っていたのですが、
とりあえず、明言すべき時期なのでコメントさせて頂きます。

私の表現は確かに短絡的な側面があり、薬に依存している面が
否めません。それは私の妄想の癖であり、あくまでコスプレの一部
なのです。

そして、私自信、非合法の薬をした経験は一度もございません。

でも、妄想だと言っても、社会的に危ない環境だと感じざる得ない状況に
なっていると判断せざる得ません。

これからは、薬の表現は全て合法的な「精力剤」や「淫乱剤」という表現に
変えていこうと思います。そしてノンフィクションであるコメントを必ず最後に
付加する方向に転換しようと思います。

興ざめだと思われる方もいるかもしれませんが、何卒、ご理解申し上げます。

★今回、「エネマグラ通販・アナルプラグ販売|マルチプル」様と相互リンク
をさせて頂きました。良心的なアダルトグッズ販売のサイトのようです。
是非とも、お立ち寄り下さい。


蜘枕NO25 『節子:四十九日法要③』
続いて節子は棺の前で宙吊にされた。股間はパックリと開かれ愛液が
ジクジクと溢れ出している。
「続いてのゲストは消費者金融の皆様だ。」
それは、最終的に夫を追い込んだヤミ金融の男たちだった。
まずは社長の片山が精力剤をちらつかせながら近づいた。
「奥さん。この精力剤が欲しいなら、しやぶるんだよ。」
「あ・・・非道い人・・・・幸一さんを死に追いやって・・・そんな汚いもの・・・
 しゃぶれません・・・・ああ・・・」

片山は精力剤を自らのペニスに浸した。
「これでもしゃぶらないのか?奥さん。」
「あ・・・だめ・・・・勿体無い・・・・勿体ないの・・・ああ・・・節子に片山様の
太いのをしゃぶらせて・・・」

節子はチュパチュパと片山の鬼頭を吸い始めた。
しばらくすると、節子の体は火照りはじめ、ジュポッ、ジュボッ、と片山のペニスを
貪るようにしゃぶりはじめた。節子は完全にトリップしている。
「フィナーレだよ。節子さん。種付けパーティの開幕だ。今日は若い衆を
 30人ばかり連れてきているから。みんなの便所になるんだ。」

「ああ・・・節子・・・皆様のお便所になるの・・・ああ・・・うれしい・・・早く
 たくさん・・・節子に放出してください・・・」

若い衆が順番に並び節子にブチ込みはじめた。

「節子ッ、うれしいッ、ああ、あなた見てる?節子どんどん注入されてるのッ
 皆様、あなたの、フニャチンと違って逞しいのォ、あッ、またイクッ、いいッ、
 妊娠しゃうッ、あなたッ、節子も天国にいきそうッ」


節子の歓喜の絶叫が響き渡った。

(完)

※この小説は全てノンフィクションです。また、ここでいう精力剤は
 一般の薬局で入手できる合法的な薬品を想定しています。

別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO24 残暑
2009-09-03 Thu 20:29
1ヶ月ぶりの更新です。コメント頂いた方、メール頂いた方、閲覧して
頂いた方、返信や更新が遅くなって大変申し訳ございません。

さて、残暑が厳しい季節ですね。メタボの私にとって辛い時期です。
私は残暑と聞くと、なんか物悲しい気分になってしまいます。
そしてなぜか太宰治の「斜陽」を思い浮かべてしまします。

夏でもないのに不快に暑い割には夕暮れ時はもう秋の気配・・・
斜陽や残暑は第一線から外れていく40代前半の人間のようです。

蜘枕NO24 『節子:四十九日法要②』
節子は墓前の前で縛られた。既に息も絶え絶えで、瞳はトロンと潤んでいる。
「あ・・・痛い・・・痛いけれど気持ちいいの・・・」
「初めてのSMの割にはうれしそうじゃないか、節子さん。」
「あ・・・これがSMなの・・・気持ちいい・・・」
節子の股間の縄はドロドロに濡れている。
「どうして欲しいの節子さん。」
「あ・・・お願い・・・入れて欲しいの・・・」
「誰でもいいのかい。節子さん。」
「は・・・はい。誰でもよろしいです・・・」

「じゃあ私で良いのかな?」
「あッ・・・石塚さん・・・どうしてッ」
石塚は節子の夫、孝一の上司であった。
「結婚式ではじめてお会いした時から節子さん狙っていましたよ。
 今日はお招きして頂いて光栄だよ。」

石塚は会社の不祥事を全て孝一になすりつけた男だ。それが原因
で孝一はリストラされ、体を壊し死に到った。節子もそれを知っている。
「イヤッ、貴方だけは死んでもイヤッ!」
節子が叫んだと同時に首筋に何かが注入された。

数十秒後、節子はトロンとした口調で石塚に媚び始めた。
「あ・・・石塚さん・・・お久しぶりです・・」
「節子さん、えらい酷い目にあっているね。縄を解いてやろうか。」
「いえ・・・いいの・・・それより・・・お願いがありますの・・・」
「なんだい?孝一君をリストラに追いやったお詫びに何をして欲しいのかな?」
「あ・・・それでは・・・その太いモノを・・・私に入れて下さい・・・」
「人に頼むときはもっと正確にいわなくちゃだめだよ。」
石塚は紙に書いたメモを節子に見せた。節子は素直に読んだ。
「あ・・・節子は・・・結婚式で始めて石塚様と出会った時から・・・石塚様の
 ペニスで思い切り突かれたかったの・・・ああ・・夫をリストラに追いやった
 石塚様・・・供養だと思って節子にぶっといペ○スをぶち込んで下さい・・・」

「よしよし、そこまで言われちゃしょうがない。ぶちこんでやるか。」
石塚は前戯もなく節子に力強く挿入した。
「あッ、石塚様、夫をリストラした石塚様ッ、節子ッ、イイッ、すごく気持ちいいッ、
 突いてッ、突いてッ、思い切り突いてッ」

後半の台詞は強要された言葉ではなく、節子自らの言葉だった。

(続く)
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 春画と官能小説 『艶女責図とモノローグ』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。