FC2ブログ
人妻、熟女を中心にSM、レイプ、刺青。トリップさせて強制輪姦
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
NO43 内助の功?
2010-02-23 Tue 18:38
先日、妻に私がエロイラストを描いていることがバレました。

発覚した理由は有料サイトからの源泉徴収票が自宅に送付されてきた
ことでした。

ただ、このサイトを運営していることや、どんなイラストを書いている
かはバレなかったようです。

離婚の危機?と思って妻におそるおそる感想を聞いたところ、

「やるなら、もっとちゃんと道具そろえなさい!!」

と言われました。実は私がイラストを描いていることは薄々気づいており、
むしろ、10何万でも稼いでいることを評価してくれ、私のボロボロのペンタブレット
を稼いだお金で買い換えなさい。と言ってくれました。

持つべきものは内助の功? 

イヤ、もっと稼がせて、小遣いを減らそうという魂胆だろうな…


NO43 『新聞記者母娘ショー 外伝 ~真理子の陥落~』

街頭スピーチが終わった後、真理子は拷問部屋に連れて行かれた。
薬も切れかかっており、気持ちだけは元に戻りつつあった。

「あ…なんて酷い人達なの。…私だけならともかく、綾香まで手にかけよう
なんて、許せない…絶対に許せないわ…」


しかし、抵抗も体が言うこと事を利かない。真理子は群がる男共にあっという間に
捕まり、柱に両手両足を縛られた。

「ざまあねえな。新聞記者婦人さん。達磨のようだぜ。」

「ひ…卑怯者…女を弱らせといて…女を男数人でいたぶるなんて…」

「まあ…怒らないで、今日は実は頼みがあるんだよ。実をいうと綾香さん
 の処女を頂くご了承をお母さんにもらおうと思ってのぉ。わしは紳士だから
 ちゃんと根回しをしたいんだよ。」


権藤が達磨のように縛られている真理子にゆっくりと囁いた。

「ふ…ふざけないで…駄目に決まってるじゃないの!…私がそんな許可
 を出す訳ないじゃないの!」


「しかたないなぁ。じゃあ、お薬タイムだね。」

「ひッ、やめてッ、さっき注射したばっかりじゃないのッ、また飛ぶッ!」

「今回は4本責めだよ~。間違いなく飛ぶよ。真理子さん。」

男共は注射器を取り出した。両手両足からの同時注入である。

「あッ、やめてッ、本当に飛んじゃうッ!」

5分後、真理子はカメラに向かって叫んでいた。

「あッ、すごいッ、すごいッ、飛んでるのッ、えッ?綾香の処女?
 そんなもんあげるわッ、母親の私が言うのだから破ってあげてッ、
 旦那にメッセージ?わかったわ。包茎のあなたッ、見てるッ、
 あなたのおかげで私と綾香はセックス奴隷になったのよッ、
 あなたは囚人のダメ男なんだからセンズリでもこいてッ!」



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO42 女子プロレス
2010-02-18 Thu 19:08
女子プロレスってエロの視点で見ている人多いでしょ。
私も子供の頃、深夜番組で女子プロレスを見てオナニーした経験があります。

苛められ役のか弱いレスラーも良いですが、私は強くて美人な女子レスラーが
ピンチになってしまう時が一番興奮した記憶がありあます。

でも、そういうレスラーに限って最後は逆転勝利してしまうんですよね。
その時は子供心に「チッ」と思っていました。

今回の作品は女子プロがテーマです。初めての10話構想です。
麗子がギブアップしても苛めまくるので楽しみにしていて下さい。

※この度「新・小説SM書庫」とリンクさせて頂きました。台詞が多く、
 読みやすい小説を提供しているようです。是非、お立ち寄り下さい。
http://remotecon.blog122.fc2.com/


蜘枕NO42 『キューティ麗子の地下プロレス①』

キューティ麗子は一世を風靡した女子プロレスラーだ。3年前に自ら団体を
立ち上げたが、不況を直撃し、多大の借金を背負ってしまった。

そこに、闇プロモーターから地下プロレスの誘いがあった。

キューティ麗子のオタクファン10人で1人500万円づつ投資をして、
地下プロレスで彼らとキューティ麗子が戦う。彼女がギブアップしなければ
麗子に5000万円が手に入る。ただし、キューティ麗子が負けたら1年間彼ら
の性奴隷になるという条件である。

細かいルールは以下の通りだ。

①戦っている時、男性はリングに2人まで
②30分以内でキューティ麗子がギブアップしなければ彼女の勝ち
③男性はプロはNG、ファンのみが参加
④キューティ麗子は剥がされない限りマスク着用可


「30分で5000万円ね…悪くないわね。」

麗子は次のルールに目を通した。

⑤麗子はアナルストッパーを着用
⑥男性はイチジク浣腸を武器として使用できる。


「何これ、バカじゃない?イチジク浣腸が武器?
 プロレスなめてるの?」



1週間後、キューティ麗子は地下プロレスのリングに立っていた。
向こうから提供された品のないコスチュームとアナルストッパーが
気にはなったがファイトには問題なさそうだ。

そしてゴングが鳴り、2人のヤサ男が登場した。手にはチチジク浣腸を
持ってニヤニヤしてる。はっきり言って、ド素人だ。麗子は確信した。

(こいつら本当の馬鹿だわ。とっとと叩きのめしてやるわ。) 


<続く>

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO41 団塊世代
2010-02-10 Wed 15:06
昨年、東京で60代前半で亡くなった人の葬式に出席したのですが、
その故人のお兄さんがとても興味ある人でした。

その人は65才。元大手金融会社の役員をやっていた人なのですが、
この不況で会社は倒産し、経営責任を問われて数億円を
訴えられていたそうです。

それで、その裁判には勝ち、今はNGO団体の役員をしている。
「そのNGO団体が儲かりすぎて困っちゃうんだよな~」
など言っていました。

かなり嘘くさい面もあるのですが、とにかく明るくて話が面白い!
自分の弟の葬式とは思えないパワーでした。

やはり団塊世代はパワフルです。もともと貧しい時代に育っている
から、若い世代より逆境に強い。そして脂ぎるエロさが良いです。

先ほど話で裁判に勝って、身の潔白は晴らしたと言っていましたが、
お酒がまわってきて、ポロっと
「実は1億円ほどはオネエチャンに貢いでたんだけどな。」
と懺悔したのには笑いました。

蜘枕NO41 『節子:一周忌法要③』
「それじゃあ懺悔として尼さんになってもらおうか。」

節子はラリリながら髪を剃られた。そして、腕の縄をほどかれた。

節子はふらふらと歩きながら懇願した。

「あ…お薬が…とても効いているの…欲しいの…
 いつものように肉棒で節子を突いて欲しいの…

「じゃぁ節子さん。旦那のお墓に手をついて、尻を
 クネクネしながらおねだりしな。」


節子は朦朧とした意識のなか、ゆっくりと尻を突き出した。

「あ…消費者金融の皆様、どうぞ…節子のお尻とあそこを
 ご覧下さい。とても濡れてるでしょ…これは皆様に調教
 して頂いた成果です…節子は見られるとあそこがヌレヌレ
 になってしまうのです。」

「ほら、お尻の刺青のことを旦那に報告しゃくちゃ。」

「あ…あなた…節子…お尻に…やらしい刺青を彫って頂いたの…
 セリフは…未防人節子…です。そのほかに…ああ、いいわ…
 という言葉も彫って頂きました…この言葉は…節子が…毎晩
 …輪姦されて…叫んでいる言葉です…」

言葉を言っている間に、堪え切れなくなった男共が節子を
輪姦し始めた。


「あッ、いいわッ、節子ッ、とてもいいッ、同時に複数の殿方
 に犯されるッて最高ッ、あなたッ、とてもいいわッ、節子ッ
 また妊娠しちゃうッ、畜生道に堕ちちゃうッ!」


節子の声が墓地に響き渡った。

(続)
別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NO40 1周年
2010-02-08 Mon 01:56
このブログを開設して1周年が経ちました。
閲覧して頂いた方、有料コンテンツを購入して頂いた方、
本当にありがとうございました。

この1年私はいろいろありました。

基本的には悩める1年で、同士の友が死んだり、
仕事はうまくいかず、鬱病にもなりかけました。

一方で、暇ができたおかげで、私生活は充実して、
久しぶりに海外旅行に行ったり、スワッピングに挑戦したり
このブログを更新したりすることができました。

今は家に帰ることが楽しみな人間になってしました。

でも、意外とそっちの方が幸せなのかもしれませんね。

蜘枕NO40 『節子:一周忌法要②』
節子は股間に縄を喰い込ませながら孝一の墓地に連れて行かれた。
そして、墓石に縛られ、豊かな肉体を晒け出された。

「奥さん、どうだ、旦那の前で縛られるのは」

「ああ…あなた方は…どこま外道なの…どうしてここまで
 酷い事ができるの…」


石塚が慣れたように注射器を取り出し、節子の陰部に突き出した。

「あ…」

節子は物欲しそうな表情になった

「あ…お薬…欲しい…お願い…ちょうだい…」

「クリトリスに直接欲しいか。節子。」

「クリトリス…直接はダメ…。いつもおかしくなるの…」

「でも好きなんだろ。クリちやん直が。」

「あ…そうなの…節子のクリちゃんに、針を刺して…」

注入するとほどよく、節子は至福に満ちた表情になった。

「そろそろ、天国の旦那に報告しなくちゃなぁな」

「ああ…あなた…お久しぶりです…今日は…あなたの1周忌ですね…
 今日は…あなたに報告しなければならないことがあるのです
 節子は…この一年…あなたを死に追いやった…消費者金融の方々や、
 石塚様や義理の弟様達と毎日のようにオ○○コプレイしてしましました。」


「ほら、衝撃な事実も報告しなくちゃ…」

「ああ…節子は…毎日…膣内に精液を頂きました…そして…先日…
 妊娠したのです…でも、セックスのしすぎで…流産しました…でも…
 これからも…節子を何回も妊娠させて流産をさせるそうです…」


節子の辛い1年を吐露し始めた。

(続)
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 春画と官能小説 『艶女責図とモノローグ』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。