FC2ブログ
人妻、熟女を中心にSM、レイプ、刺青。トリップさせて強制輪姦
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
NO34 炬燵
2009-12-14 Mon 18:20
すっかり寒くなりましたね。炬燵が恋しい季節です。

カップルの炬燵でのじゃれあいは私も大好きです。

どちらから始めるのか、足で突っつき合い、次第に
足を絡ませ、さらには、お互いの性感帯を刺激しあう…
日本ならではの冬のエロス空間だと思います。

でも、最近の炬燵の良くないと思うのは赤外線の赤い
ランプでは無い炬燵が主流になってきていることです。

あの赤いランプがいいのです。ちょっと覗くと彼女の
白いパンティがピンク色になっていて、ちょっと汗ばんで
いる。…これが情緒があるのです。

でも、今の炬燵は中は真っ暗で覗いても何も見えません。

私は炬燵の赤いランプの復活を望んで止みません。


NO34『ドロン改造地獄③』
1週間後、ドロンの改造が進んでいた。トンズラとボヤキの二人から同時に
シリコンを少しづつ入れられて、巨大化した胸が痛々しい。さらにヴァギナ
には大蛇を埋め込まれ、大蛇が卑猥にクネクネと蠢いている。

「あ…痛いの…お願い…ドロン様…ボヤキ様…
 辞めて下さいませ…」


「なんか聞こえたかな?ボヤキ?」

グイッ! ボヤキはまた少しシリコンを押した。

「痛いッ、痛いのッ、せめて麻酔をしてッェ!」

「おいおい、漫画の世界で麻酔はないだろ。子供達
の夢を壊しちゃ駄目だろ。」


今度はトンズラがシリコン注射を押し出した。

「ウギィィィッ、痛いッ、お願いッ、死ぬッ、死んじゃうッ!」

「死なねぇよ。なにせ漫画だからな。」

「…ドロンの胸…醜く変形しちやったの…もう許して…
 これ以上恥ずかしい体にしないで…」


「許しを請いても無理ね。はら、ドロンちゃん。この世で最も
 おぞましい姿に改造してあげるからね。ほら。」


ボヤキはドロンに「ドロン改造計画」の完成予想図を見せた。
それを見た瞬間、ドロンは顔を振り乱しながら、哀願した。

「イヤァッ、お願いですッ!ドロン様!トンズラ様ッ!
 許して下さいッ!一生お二人の奴隷になりますッ!
 だからァ、こんな酷い姿にしないでェェ!」


それは両手両足を切断し、脳みそを剥き出しにして、知能を低下
させることにより、セックスマシーンとさせるドロンの改造計画
が描かれていた。

(続)

スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<N035 鬼畜 | 春画と官能小説 『艶女責図とモノローグ』 | NO33 アナル失敗の歴史>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 春画と官能小説 『艶女責図とモノローグ』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。