FC2ブログ
人妻、熟女を中心にSM、レイプ、刺青。トリップさせて強制輪姦
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
NO44 落ち椿
2010-03-01 Mon 22:58
私は会社に徒歩で通勤しているのですが、
通勤途中に高さ20mにもなる見事な椿がそびえています。

本日、通勤していたら、先日の雨のせいで、その椿の花弁が
一面に落ちていました。

椿は花弁のまま落ちるので、散るというよりは「落ちる」という
表現のほうが相応しいと私は思います。

江戸時代、特に武家屋敷では椿の花がその首から散るので、切腹を連想
させることから、気味が悪い花として受け止められていたそうです。

確かに、私も一面に散らばる椿を見てゾクッとする印象を受けました。

まるで、若い女性が毒牙にかかり、若いまま命を絶ってしまったような
そんな印象です。

蜘枕NO44 『キューティ麗子の地下プロレス②』

男共はいやらしい目線で麗子を見ながら言った。

「女子プロなんて、所詮ヤラセだろ。男が数人がかりだと
 手も足も出やしないよ。」


この言葉に麗子は切れた。

「このクズども。死ねばいいんだわ。」
麗子はハイキックを目の前の男に放った。

「ウギャァ!」

男は情けない悲鳴をあげた。

「おあいにくさま。あんた達には指1本触れさせないわ。
 10分もすれば5000万円を頂いて、帰らさせて頂くわ。」


麗子は高らかに宣言した。

(続)

スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<NO45 40歳の同期会 | 春画と官能小説 『艶女責図とモノローグ』 | NO43 内助の功?>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 春画と官能小説 『艶女責図とモノローグ』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。