FC2ブログ
人妻、熟女を中心にSM、レイプ、刺青。トリップさせて強制輪姦
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
NO50 花発多風雨
2010-04-04 Sun 09:20
ようやく50回目に突入しました。お付き合い頂いた
閲覧者の皆様に改めてお礼を申し上げます。

さて、前回の更新では桜満開の時期でしたが、
私の地域では今や桜吹雪となっております。

この時期は別れと出会いの季節でもあるので、
桜を見ながら別れの会をする人もいたと思います。

花と別れの有名な句で、井伏鱒二の

ハナニアラシノタトヘモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ

を思い浮かべる人もいらっしゃるかも知れませんが、
これは「勧酒」という漢詩の要約なのです。原本は

花発多風雨   はな発(ひらけ)ば 風雨(ふうう)多し 
人生足別離  人生別離足る

私は原本の方が好きで、井伏の「ハナニアラシノタトヘモアルゾ」
は単純に綺麗な花の情景のことしか表現していないと思うのです。

私の意訳は、「花発多風雨」は花を人に例えて、

人が一人前(花発)になると障害や敵(風雨)が多くなる。それ故に
理不尽な別れもある。僕は君の気持ちは分かる。さあ、飲んでくれ。
さようなら。(人生足別離)

このような人間関係の機微が本当の意味のような気がしてならないのです。

NO50「非道なバットマン 外伝②」

「翔子さん。次は何してくれるの。」

「ああん…もちろん交流会ですわ。今日も皆様と一杯
 交流させて頂きたいの。」


「たまには俺達に先にやらせてくれよ。」

「ああん…それはダメなの。だって翔子は人妻ですもの。
 夫の性処理を先にするのが妻の使命ですわ。」


翔子は身動きできない夫を仰向けにして騎乗位でまたがった。

「ああ…うれしい…あなた…今日もビンビンだわ…翔子うれしい。」

「さすが、主婦の鑑だなぁ。操をたてるねぇ。」

「そうなの…ああんッ、主人が優先なの。オチ○チン逞しいわ。」

翔子は腰を動かし始めた。艶かしいその姿に山城組の構成員たちが群がってきた。

「奥さん。障○者の旦那なんか捨てちまいな。俺達がお前を喰わせてやるぜ」

翔子の首筋に注射を注入しながら若頭の田淵が囁いた。

「ああん。それはだめッ、翔子にとって最愛の夫を見捨てるなんてできないの…
 ああッ、お注射いいッ、あなたのバットも金属バットもびんびに感じるのッ!」


翔子の上下運動がさらに激しくなった。

(続)

↓↓↓ブログランキングに参加してます。よろしければ、クリック協力を。



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<NO51 バカボン | 春画と官能小説 『艶女責図とモノローグ』 | NO49 桜の下で>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 春画と官能小説 『艶女責図とモノローグ』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。