FC2ブログ
人妻、熟女を中心にSM、レイプ、刺青。トリップさせて強制輪姦
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
NO53 挨拶しない男
2010-04-18 Sun 13:59
今回は私の職場の話。

私の会社の隣の席の男(40代中盤)は挨拶をしない。朝、私が出社して
「おはようございます。」と言っても無視。気分悪いです。

もちろん、彼は仕事の実力も無い。営業がダメで本人の希望でマーケティング部
に逃げて来たが、調査設計ひとつも自分でつくれない。だから全部外注。
私だったら、3万円でできる仕事を50万円かけて外注している。

でも、年齢的には先輩なので、自分の方が偉いと主張したいのか、
よく私にイチャモをつけてくる。昨日は私の煙草の消し方と会社にかかって
きた電話を取らなかったことにヒステリックに注意された。

…お前、人に注意する前ににちゃんと挨拶ができる人間になれよ。

私もムカついていたが、過去に似たような経験をした記憶があると、
ふと思い出した。そうだ、田舎の認知症のオバアチャンだ。

私の認知症のオバアチャンは、機嫌が悪いとこちらが挨拶しても無視する。
そして、時々ヒステリックにつまらないことで人に暴言を吐く。

「そうか、彼は認知症または精神障害なんだ。かわいそうに。」

そう思うと腹も立たなくなりました。

嫌味な男と付き合わなければいけない時のコツとして、
彼を「精神障害でかわいそうな人」と思えば気が楽になりますよ。

だから、毎朝、彼に挨拶をして無視される度に、慈愛の心境になっています。


蜘枕NO53 『キューティ麗子の地下プロレス⑥』
ギブアップした麗子に男達が群がってきた。
「まずは、先ほどのお返しをしなくっちゃね。」
「それじゃぁ、まずはキューティ麗子のサンドバック大会だな。」

蛭田は麗子を抱えあげた。

「やめなさい…蛭田、貴様、男として恥ずかしくないのッ。」

「それじゃぁ、みなさん、お好きにどうぞ。」
さっそく、先ほどのハイキックで失神させられた男が麗子の腹部にパンチを繰りだした。

「アガガァッ!」
麗子の絶叫が会場に響いた。

「ざまえねえな麗子、ハラボテパンチ炸裂だよッ」

「オラオラ、さっきの仕返しだ。壊れるまでパンチしてやる。」

「ああッ、卑怯者!女性の腹を殴るなんて男として恥ずかしくないのッ」

「これからはお俺様が直々に調教してやるからな。
 お前の体をセックスマシーンとして改造してやるぜ。」


蛭田が高らかに笑った。

(続)

↓↓↓ブログランキングに参加してます。よろしければ、クリック協力を。






スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<NO54 平成のサザエさん | 春画と官能小説 『艶女責図とモノローグ』 | NO52 たちあがれ?>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-04-18 Sun 22:12 | | #[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 春画と官能小説 『艶女責図とモノローグ』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。