FC2ブログ
人妻、熟女を中心にSM、レイプ、刺青。トリップさせて強制輪姦
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
NO7「商店主と奥様の微妙な関係」
2009-02-10 Tue 12:44
ひと昔前の日本の情景のひとつに商店街の人情があると思います。奥様は夕暮れに
なると夕飯の支度のために近所の商店街に繰り出します。
各家庭の奥様は魚は魚屋で、野菜は八百屋に行って食材を購入していました。

商店街の各店主はその奥様方をどのような目で見ていたのでしょうね。

夕暮れ時の奥様は、なんとなく艶っぽい雰囲気があります。
購入する食材によって、ライフスタイルも推測できます。

すき焼きの食材を購入しているような奥様は今日はきっと記念日で、
「おっ!奥さん。今日は景気がいいね。なんかいいことあったね。まけとくよ。」
なんて会話があって、その後、買い物カゴをぶらさげた奥様の後姿を見ながら
「食事のあと、旦那とお楽しみなんだろうな・・・それに比べてうちのカカアは・・・」
「ちょっと、アンタ!何ヘンなこと考えてんのよ!」(カカア)

なんて光景が目に浮かびます。

このように、商店街の店主と奥様は顔見知りで、ある程度の情報を共有
している「微妙な関係」だったのでしょう。友人ではないが他人ではない。
きっと店主は綺麗な奥様によからぬ妄想をしていたのではないでしょうか。

このような欲望を見事に描いた小説作品として、結城彩雨先生の「肛悦に身を灼く女」
と「人妻乱心調書」を思い浮かべます。

ストーリーは概ね、人妻がヤクザに陵辱され、ストリップショーなどをやらされる
羽目になる。その会場に行ってみたら、なんと、客が全員、彼女が利用している
商店街の店主達であった。それはヤクザが仕込んだ陰湿な演出であった・・・

・・・みたいな内容です。そして、その店主達がスゴいんです。みなさん専門職なので
その技を活かすんです。例えば肉屋はソーセージを持ってきて拷問したり、薬屋は
浣腸液を使用するなど、さすがです。

なにより、店主達は自分のブスな奥さんに辟易していて、ストレスが溜まっている・・
という設定なので責めがスゴイ。最初は遠慮がちに責めるが、千載一遇の
チャンスと思い、群がるように奥様をいたぶりつくすのです。ついにはヤクザが
心配してしまう・・・といったシーンもあるほどです。

今は商業施設の大型化にともない、町の商店街は縮小の一途をたどっています。
ともない「奥様と商店主の微妙な関係」も消えつつあります。

頑張れ商店街!頑張れ中小企業!頑張れ働くオヤジ達!

蜘枕 NO7 『谷山商店街の慰安会』

007


「ああ、その変わり、商店街の皆様にたっぷりサービスするんだぞ。」

「あ・・・分かりました・・・み・・・皆様・・・日頃は節子にいろいろサービスして下さって、ありがとうございます・・・今日は・・・節子が皆様のお相手をします。お・・・お願い・・節子を舐めて。」

商店街の店主達は一気に節子に群がった。

「どこを舐めればいいだ。奥さん。」

「ああ、薬屋さん・・・節子は耳が感じるの・・・耳を舐めてください。」
「おいらは、どこかな。」
「お・・お肉屋さんは節子の腋をお願い。ごめんない。処理してないの・・」
「俺は乳首をいかせてもらうよ。節子さん。」
「あッ・・激しいのね、魚屋さんッ・・・すごいわ。」
「今年の歳末セールの記念品は伊藤節子のやりまくり券てのはどうだ。」
「そんな・・おっしゃらないで・・・節子・・・感じちゃう・・・」

「頑張れよ節子婦人。3分経過したぞ。もうすぐ開放だぞ。」
金子はそう言いながら、注射器を取り出した。これを女淫に注入して1分ともった
女はいない。節子は両手を縛られ、店主達に愛撫されているため、
注射器には全く気づかなかった。
スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<NO8「旦那の居る風景」 | 春画と官能小説 『艶女責図とモノローグ』 | NO6「拷問される資格」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 春画と官能小説 『艶女責図とモノローグ』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。